入学に関する方針


全ての国籍の生徒は、福岡インターナショナルスクールに入学する資格を有します。福岡インターナショナルスクールは、法律に基づき日本に在住し、就労しているご家族の為の教育機関であります。その為、入学受け入れに関しましては、以下の様に優先順位がございます。

    1.外国国籍の入学申込者
    2.在校生のご兄弟
    3.二重国籍(日本と他国籍)
    4.日本国籍
            a. 日本国籍だが、仕事の都合で海外からの転入されるご家族
            b. 日本国籍だが、お子様が英語が教授言語である学校に在籍していたご家族

入学希望日の6ヶ月前から申し込みをお受け付け致します。

幼児科のプレキンダーガーテン3のクラスは満3歳児以上が対象です。 プレキンダーガーテン4、及びキンダーガーテンクラスは、その学校年度の9月1日の時点ですでに其々4歳、5歳に達しているお子様が対象となります。

全ての生徒は両親の少なくともどちらか一方、もしくは法定後見人と同居していなければなりません。 遠方から通学しなければならず、保護者の方との同居が困難な場合はご相談下さい。

 

入学試験

学年に関わらず面接の前に英語のテストを行う場合があります。また、中高等科へのご入学を希望される際は、英語と数学のテストを受けて頂く場合があります。

 

学年の決定
生徒の受け入れは4月中旬頃まで行います。学年およびクラスについては、 生徒の学習経験や年齢、および学習ニーズを考慮して校長が決定します。生徒数の増加により、「入学待ちリスト」に一旦ご登録頂く場合がございます。全ての入学手続きが終了後、「入学待ちリスト」にお子様のお名前をお載せします。

 

特殊な学習ニーズ
福岡インターナショナルスクールは、学習上の著しい障害や特別な職業訓練など学習上の特殊なニーズに、すべて対応しているわけではありません。
高等科(9−12年生)では、基本的に大学進学を目的としたプログラムを提供しており、高い学力が求められます。従って、特殊な学習ニーズのある生徒に対するサポートには限りがあります。